浮気・不倫に伴う慰謝料問題

よくある浮気・不倫に伴う慰謝料問題の相談ケース

「離婚をすると、必ず慰謝料を払わないといけないのか」
「パートナーではなく、浮気相手に直接請求したい」
「浮気を理由に1,000万円の慰謝料を請求されたが支払う必要があるのか」

弁護士へ依頼するメリット

慰謝料は、離婚そのものによって生じる精神的苦痛及び離婚原因を構成する個々の行為(暴力や不貞など)によって生じた精神的苦痛に対する慰謝として支払われる金銭です。したがって、正当な理由が認められない場合(個々の行為がなかったり、違法性が無かったり、そもそも精神的苦痛が生じていないような場合)は、支払い請求に応じる必要はありません。

正当な理由があるにも関わらず、相手方が支払いを拒む場合は、法的手続きによって支払ってもらう他ありません。調停委員からの説得、あるいは裁判所の命令によって、慰謝料の支払を確かなものにします。

慰謝料を請求したいとお考えの方へ

精神的に被った苦痛や損害は金額で表しにくいため、当事者間では、解決を得られない傾向にあるようです。どうしても強い主張をしたいのであれば、背景にある事実、根拠となる証拠を積み上げて、裁判官の心証に訴えかける作業が必要です。

慰謝料請求は、夫婦の一方に限らず、浮気相手もしくは双方に対しても可能です。不法行為と知りながら行っている第三者という解釈が成り立つためです。ただし、慰謝料総額が100万円と決定した場合、双方から100万円ずつ支払われるわけではありません。

慰謝料を請求されてお困りの方へ

慰謝料の額は裁判所によって相場として一定の基準が設けられているものではありませんが、一つの目安としては婚姻期間の長短が挙げられます。不貞行為の標準的なケースを挙げるなら、5年程度の婚姻期間であれば、150万円前後の慰謝料が認められる傾向にあります。

とはいえ、事情によっては、慰謝料額の増減を伴う場合があります。例えば、妻側が性交渉を拒否した結果、夫側が浮気をしたケースなどです。不貞行為の有無は明らかですが、違法性が薄まる余地を含みますので、慰謝料の額に影響する事情とみていいでしょう。

慰謝料問題のケーススタディ

ケース 1

【ご相談内容】

結婚して3年が経過した男性。

妻がいまだに性交渉を拒否。つい浮気をしたところ、その事実が発覚。離婚して、新しい女性と健全な家庭を築いていきたいが、妻は離婚を拒否している。

【当事務所の対応】

夫側の陳述書を元に、かつて相談を持ちかけた友人などを証人に招き、結婚生活の破綻を明らかにしていきました。

【最終結果】

離婚の成立。
慰謝料は、相場よりも低く抑え、100万円で決着。

【ポイント】

実際に性交渉の拒否があったのかどうかを、物的な証拠によって立証するのは、なかなか難しいといえるでしょう。今回のケースでは、本人への尋問を行い、妻側にも原因があることを印象付けていきました。

ケース 2

【ご相談内容】

40代の男性からの相談。

取引先の女性と食事をした際、携帯で、一緒にいる写真を撮られてしまった。後日、その女性から、「付き合ってくれないと、写真をブログに公開する」と言われ、男女の関係となってしまった。
その後も写真がメールで送られてきたが、ある日妻が、これを発見した。

【当事務所の対応】

脅迫に近いケースと思われましたので、事実関係の洗い直しから着手しました。
また、相手側からの強引な誘いがあったことを妻側が納得するまで説明することとしました。

【最終結果】

慰謝料なし。
離婚には至らなかった。
妻側は、不貞をした女性に対する慰謝料請求をしているとのことです。

【ポイント】

不貞行為に限りませんが、不可抗力や本人の意思が伴わない場合は、違法性が阻却されますが、違法性の阻却を立証することは困難です。本件では、事件の経緯や離婚する際のデメリット、夫に請求することのデメリットを丹念に説明し、不貞を誘発した女性への慰謝料請求をすることの妥当性を妻側に理解してもらうことによって、上記の結果とすることができました。

法律事務所FORWARD まずは当事務所の初回無料相談をご利用下さい。
contact_01_pcimg.png
お問い合わせ・予約はこちら 24時間受付中!

初回60分無料相談受付中! TEL:03-5225-0815 メールでのお問い合わせはこちら